工場設備について


弊社は業務用こんにゃくの生産量では、業界屈指を誇っております。カットの種類では200種以上、一日の生産量40t以上が可能 です。また、弊社では各ロットごとの数回にわたるpH値チェックと設定温度85℃のボイル殺菌を行うことで、衛生面を徹底しております。

業務用製造ライン


■ホッパーによるのりかき

水温を調節し、こんにゃく精粉を入れて攪拌(かくはん)します。全体がのり状になるまでかき混ぜます。温度、粘度状態、色調を確認後、しばらく膨潤させます。

■凝固剤の配合

凝固剤を注入し、こんにゃく用練り機で混ぜ合わせます。この時pH値、練り回転、吐出量を確認します。

 


■こんにゃくの炊き上げ・成型

凝固剤を練り合わせた糊状のこんにゃくを炊き上げ、成型します。この時、外観・色調はもとより、製品pH値、凝固状態を確認します。

■指定サイズカット

専用カット機で指定のサイズにカットします。この時、サイズや断面状態を確認します。


■計量・包装

計量・包装作業を行います。この時、包装時検品、シール強度、量目、日付印字を確認します。

■X線探知機

計量し、包装した製品一つ一つをX線・金属探知機に通します。


■ボイル殺菌槽

85℃で30分の加熱殺菌を行います。この後、製品検査(pH値、重量、生産数、シール、日付確認)を経て、外装包装を行います。


機械設備・生産能力


製造ライン 設置数 生産能力
こんにゃく缶蒸し製造ライン  1機 15t/日 
しらたき製造ライン 3機 12t/日
こんにゃく生詰製造ライン 1機 6t/日
横ピロー包装機 2機 20,000パック/日
縦型包装機 8機 80,000パック/日
カップ包装機 2機 20,000パック/日
温水ボイル機 1機
蒸気ボイル機 2機  
ボックス型蒸気ボイル機 1機  
低温倉庫 2室  
自動計量器 2機  
X線異物検出機 3機  
金属探知機 8機  

※品質管理装置につきましては、こちらをご参考ください。

こんにゃく麺のアレンジレシピ掲載中

 有限会社かぶら食品  (C)Kabura shokuhin

〒370-2464 群馬県富岡市南蛇井1482

電話番号

(9:00~17:00/土日祝日休業)